So-net無料ブログ作成
丹沢・富士周辺 ブログトップ

富士吉田登山口 馬返しから5合目 [丹沢・富士周辺]

2019年7月21日 曇り
今は顧みられなくなった五合目まで、歴史ある登山道を静かに散策と思ったら、トレイルランナーのメジャーコースになってた。

北口本宮富士浅間神社にお参り
IMG_7496.JPG

馬返しから登山開始
IMG_7498.JPG

広い道、江戸時代から大人4人が並んで歩ける広さで作られたようだ
IMG_7500.JPG

2合目の御室浅間神社 すっかり倒壊して神社の面影なし(社殿正面)
IMG_7510.JPG

裏に回ると石の鳥居が割れていた
IMG_7513.JPG

二合目の神社は699年に建てられた富士山最古の神社とのことだ。まだ噴火を繰り返していた御山を鎮めるためだろうか。その本宮は1974年河口湖畔の里宮に引っ越した。スバルラインの開通で人が来なくなった場所ではさみしかったのだろうか。富士山が再び噴火しないことを祈る。本宮が去った跡には奥宮が作られたという。今はフェンスの中にあり管理されているが、すぐ前の社殿が崩れるままに放置されているのはどんな理由なのだろうか。縄で規制されお参りもできない状態だ。なお最初にお参りした神社と2合目の神社は由来が異なり無関係。ややこしいが、全国にある1300社の内の二つだ。浅間神社の総本社は富士山本宮浅間大社であり、富士山山頂の神社はその奥宮だそうだ。でもなぜ最古の神社が総本社ではないのだろうか。

出った蝶 ヒョウモン一族と思われるが柄がでかい
IMG_7501ヒョウモン.JPG

数は少ないが目立つクルマユリ
IMG_7504クルマユリ.JPG

巨木とコケの森なのに意外とキノコは少ないようだ ぬめり茸のなかまか
IMG_7521.JPG

ギンリョウソウ 御室浅間神社付近で1株のみ
IMG_7512.JPG

清楚なバイカウツギ
IMG_7518バイカウツギ.JPG

佐藤小屋下の斜面にダイセンオダマキ
IMG_7535ダイセンオダマキ.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

西湖の岩場(十二ヶ岳) [丹沢・富士周辺]

2019年4月13日 晴れ
先輩に誘われて十二ガ岳南面の岩場に行ってきた。

林道脇の堤防横から急登、昨年の台風の影響か倒木だらけ
P4135215倒木だらけのアプローチ.JPG

左岩スラブ下に出る
P4135216左岩スラブ.JPG

基部をトラバースするとすぐ東に中央スラブ
P4135223中央スラブ.JPG

中央スラブの下部、古い記録では写真の半分の高さまで地面があったが、今は落ちている
P4135222中央スラブ下部.JPG

ガリーを挟んでさらに東にピナクル
P4135229ピナクル.JPG

下って駐車場から振り返ると樹間からピナクルが見える
P4135235駐車場から.JPG

アプローチは、林道を上がっていくと右に堤防があり、堤防の左にフィックスロープが基部まで続いている(下りで確認)。登った時は堤防の右に取り付いてしまったので倒木帯を少し迷走した。岩場は国土地理院地図の一番下のげじげじマーク。
ログ.jpg

この岩場は、どこかを登らない事にはトップロープが張れないので、中央スラブのいちばんやさしいと思われる「ノーマンベイツ」の左のクラックに取り付いた。砂岩のスラブでフリクションは良いが、ホールドスタンスが丸いので、シューズの感覚をつかむまでは怖い。ルートではないためか上部にピンがなく、落ちるとグランドフォールは確実だ。立ち木の終了点から岩場全体に古いザイルが横断して張ってあり、各ルートの終了点に延びている。昨日の雪解け水でぬれている事もあり、今日渡るのはちょっと御免。一番右の立ち木にトップロープを張った。中央スラブの練習中に拳より小さい落石が3回ほどあった。岩場手前からヘルメットが必要だろう。後半はピナクルに移った。下半分は易しく、初心者の練習ならここが使える。小さい落雪が少々あり、気温上昇とともにガリーの水のしたたりが増した。天気が良く、空気が冷たかったが日当たりがよく快適で、楽しい1日だった。

帰りに仰ぎ見た富士山
P4135239.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

ヤビツ峠から塔ノ岳、丹沢山、蛭が岳、檜洞丸 [丹沢・富士周辺]

2018年3月17日・18日 
1日目は気温が低かったが、穏やかな天気で富士山が綺麗だった。のんびりと見晴らしのよい笹原のなだらかな稜線歩きが魅力の丹沢。まさにそんな一日だった。
IMG_5192.JPG

これから向かう稜線。丹沢山のミヤマ山荘泊。ミヤマ山荘はこじんまりしたきれいな山小屋。もっとも丹沢山塊の小屋はみなこじんまりとしていて好感。
IMG_5198.JPG

夜半から風の音が強まって、朝起きてみたらこんな感じ、寒いが季節外れの霧氷が綺麗。
IMG_5219.JPG

霧氷の稜線、強風で寒く見晴らしもなくただただ素晴らしい霧氷の中を歩く。地面に雪が全くなく奇妙な風景だ。なんというラッキー。霧氷は蛭が岳の下りのコルまで続いたが、檜洞丸では気温が上がったためか、雪のように降り注ぎ地面が白くなっていた。
IMG_5244.JPG

蛭が岳山頂
IMG_5268.JPG

西丹沢自然教室に向かう登山道脇に三俣の花
IMG_5287.JPG

満開だった。
IMG_5289.JPG

霧氷が時に白い花が咲いたような錯覚に陥り、三俣の花も満開でお花見を楽しんだ気分になった。丹沢も蛭さえいなければ年間を通じていろんな楽しみ方ができるのに非常に残念だ。 せめて丹沢の土を靴に付けて他地域に移動させないよう、下山後には河原などで良く洗い落としてほしいものだ。フェルトの沢靴は特に怪しいと思えて、シカのせいばかりにはできないと感じている。ヒルには悪いが、蛭の疫病などはやらないものだろうか。人にもよるが私は蛭が大嫌いなので、蛭の情報があるところは寒い時期しか行きたくない。





nice!(0)  コメント(0) 

大山 [丹沢・富士周辺]

2018年1月20日 曇り一時晴れ
日和田山から見えた大山に行った。
残念ながら富士山さえ眺められなかった。
IMG_4935.JPG

秦野から蓑毛行きのバスに乗る。 数分前に出発したヤビツ峠行は満員だったが、蓑毛行きはゆったり座れた。蓑毛の次がヤビツ峠なので知らなければ満員バスに乗ってしまうところだ。 バス同様登山道も他に数パーティーにしか出会わず静かな山歩きができた。ところが、ロープウエイからの登山道に合流すると観光客も含めかなり賑やか。この山の阿夫利神社が由緒正しく、江戸時代にはかなり栄えたことを後から知る。ロープウエイからバス停までは参道の両側にお店や旅館があり、今でも栄えている様子だ。観光としてのんびりと御朱印をいただきに来るのもよいかもしれない。 それにしても有名と聞いた豆腐料理だが、4000円のコースとはどんなものか興味がわく。 残念ながら日和田山を望めるであろう北側に展望可能な場所は見つけられなかったが、あっても霞で無理であったろう。見える山に登りたいという願望はもう一つあるので、今年は何とか達成したい。
nice!(0)  コメント(0) 

高指山(たかざすやま) [丹沢・富士周辺]

2017年12月9日 快晴
山中湖の東側の鉄砲木ノ頭から高指山を歩く。ススキ原と落ち葉と新雪と雄大な富士山の眺めを堪能

山中湖パノラマ台駐車場から。 右遠方に北岳・間ノ岳・農鳥岳など南アルプスの雪景色
IMG_4730.JPG

鉄砲木ノ頭からの眺め。武田菱丸は仕事中。名刺をもらう
IMG_4736.JPG

ルートログ
map00000.jpg
国土地理院の2.5万図には鉄砲木ノ頭も高指山も記載されていない。道標が整備されて、迷うことはないだろうが、あまり使われていない道は国土地理院地図に表記があっても、痕跡がない場合がある。

パノラマ台から鉄砲木ノ頭まではススキ原、切通まで広い雑木林、高指山頂上付近が再びススキ原となっていて、植林された杉林がなく明るくなだらかな山容は癒し系。富士山の眺めも良い。
タグ:富士山
nice!(0)  コメント(0) 

モミソ沢に行ってきました。 [丹沢・富士周辺]

モミソ沢.jpg
アイゼントレが目的だったが、懸垂岩は思ったほどのスケール無くその気にならず、沢は落ち葉がいっぱいで、すっきりした岩場を求めつつ上がっていったら、最後の滝となり、付け損なった。滝では先生と生徒が2組いて、私たちが登るのを待ってここで授業をするとの事なので、トレーニングは遠慮してあげた。 最後の2メートルが核心で、ホールドが乏しいとの事だが、 庇が半分落ちてしまっているらしく前よりやさしくなっているとの事。 探せばホールドはある。 詰めは藪も無く楽。 花立山荘で尾根隊と合流し、混雑する大倉尾根を下った。どんぐりハウスの茹でピーナッツ&大生は格別。 バスは大混雑なのだがここに立ち寄り酒を飲む方々は少ないが、丹沢といったらやっぱりビールでしょう。
タグ:
丹沢・富士周辺 ブログトップ