So-net無料ブログ作成
秩父周辺 ブログトップ
前の10件 | -

御座山北西稜 栗生アプローチ(佐久 南相木) [秩父周辺]

2019年6月26日 晴れ
御座山(おぐらさん)の北西稜を梅雨の合間に訪れた。

栗生登山口、途中からダートの林道だが、路面は凹凸ほとんどなく走りやすい。駐車場奥が登山口
P6265551.JPG

不動の滝
P6265554.JPG

御岳神社
P6265562.JPG

北相木分岐、北相木・山口への登山道はシダがかぶって藪の様相だが、赤や黄色のテープあり(写真左に下る)下るとはっきりした道になるところからトラバース開始
P6265564.JPG

取り付き(もしかしたら取り付きから10mほど登ってしまったかもしれない小テラス)から見上げ
P6265571.JPG

上の写真のリッジを抜けると全体が見える(1P目約40m)
P6265577.JPG

2P目終了点から見下ろす(2P目約25)
P6265578.JPG

終了点から。少し藪があるが見晴らしの良い岩稜
P6265582.JPG

この時点では御座山と思っていたピーク
P6265585.JPG

今度こそと思ったが、やっぱり違った
P6265587.JPG

南側はすっぱり切れ落ちている
P6265592.JPG

今度こそ御座山ピーク。証拠は祠。でもまだ遠い
P6265593.JPG

本峰の登りは石楠花林の踏み跡から
P6265600.JPG

以前登った男山が見える。 右はかすむ八ヶ岳
P6265601.JPG
藪のちょい壁行脚の3回目。クライミングとしての評価は全く期待できないが、それだけに訪れる人もあまりなく、1日で完結し、さほどの緊張も強いられず、野性味あふれる静かな時間が持てた。

GPSログ
御座山ログ.jpg
駐車場(6:30)-不動の滝(7:15)-北相木分岐(8:30)-取り付き(9:45)-御座山(13:50)-北相木分岐(14:20)-不動滝(15:10)-駐車場(15:45)

通常北相木の山口登山口から尾根末端に登るが、反対側の登山道を利用して北相木分岐から山口登山口側に100mほど下って北西稜へトラバース。薄いが藪が引っかかり、倒木越えで体力消耗。岩壁に突き当たってから基部を下れば壁が切れて自然に稜上に回り込める。そこから稜上を登り返して目指す尾根の稜にでる。取り付きの痕跡がなく少しフリーで登ると小テラスに着いたのでそこから開始、左手側面の木に古いテープシュリンゲがあった。正面が南東に延びるリッジで、右2m位奥に南西向きの凹角がある(持ってきたカムを使いたくて凹角に入ったんだと思う。私は凹角とスラブが嫌いなのだが)。出だし数メートル頑張ればその上は見通しの良い容易な岩稜となる。2人が立てる広さのテラスでピッチを切る。少し上ると立ってくるが、ハーケンが良い間隔で2本打ってあり利用する。超せば歩けるほどの傾斜になり、藪が始まるところであっという間に終了。もう一ピッチ有るかと思っていたのであっけない終了となった。取り付きで登りすぎたのかも。終了点から岩稜歩きとなるが、最初の偽ピークの登りで左に基部を巻く踏み跡に入ったのが失敗。どこまで行っても壁に阻まれて稜に戻れない。唯一石楠花の藪が続く凹状をやっと登って稜に戻るともうバテバテになった。3度偽ピークに騙されて、すっかりばてて本峰に到着した。

写真では容易に見えるが、ホールドが抜けたり、スタンスに信頼がおけなかったり、カサカサに乾いた苔が滑ったり、草付が柔らかく剥離しやすかったりと、あの手この手で楽しませてくれるので、油断なきよう。
nice!(0)  コメント(0) 

ナメラ沢から雁坂峠 [秩父周辺]

2019年6月5日 曇り
そよ風、木漏れ日、せせらぎ、春ゼミの大合唱。平日とあって人皆無

秩父側から進めば雁坂トンネル料金所先の左の駐車場奥が林道入口
P6055428.JPG

亀田林業さんの土地のようだ(登山競争、トレラン禁止と書いてある/登山はOKと読む)
P6055430.JPG

沓切沢橋の先で舗装林道から山道
P6055440.JPG

登山道に入渓点表示
P6055443.JPG

峠ノ沢に降り立ち、100mほど下った二股がナメラ沢出合。ゴーロから滑数本で堰堤のような滝、右から延びるバンドを左に向かって登ってみた。10㎝ほどの幅で中央寄りが階段状、ホールドがないので朝一は緊張
P6055453.JPG

一枚岩の滑、何処でもいけそうだがスタンスを選ばないと滑る
P6055460.JPG

滑床に岩がごろごろ随所。昔の記録ではきれいな滑だったようだ
P6055466.JPG

二俣は左に。流木は記録ほどなくほとんど気にならない
P6055478.JPG

歩きやすい源頭部、右岸崩壊地の先が青笹尾根取り付き。
P6055489.JPG

青笹尾根取り付きは笹の斜面が広がっている。写真は本流で水が枯れ、巨岩累々。不安定な岩もあり「岩石雪崩渡りの術」を不意に思い出す。
P6055499.JPG

稜線に出た穴
P6055511.JPG

折角なので破風山往復、山頂標識は「破風山2」「西破風山1」
P6055508.JPG

二人岩(勝手命名)
P6055520.JPG

立ち枯れが随所に
P6055523.JPG

ここだけ咲いていた石楠花
P6055513.JPG

思いがけないミネザクラ
P6055525.JPG

雁坂峠に近づくと背の低い笹原に新緑の唐松が点在
P6055529.JPG

峠からの展望は良いそうだが、靄で遠望利かず
P6055532.JPG

沢沿いの木漏れ日の小道は春ゼミ時雨
P6055548.JPG

ナメラ沢は名の通り滑ノ沢、滝記号はたくさんあるが、堤防のような滝以外は滑であり滝ではないと思える。ルートミスがなければ沢靴とヘルメット以外は不要だ。詰めも下るも青笹尾根が楽なようだが、どうしてもへこみに拘った。あるガイドブックには地獄の詰めと、ならなおさら。行けば納得、巨岩帯が疲れる。急で不安定。まもなく藪なしの樹林になるが、詰めあがるほどに傾斜が増してくる。それでも1時間ほどだ。まあ、それまでが楽過ぎたのだろう。稜線は風が心地よく、峠は広々として見下ろす谷の新緑が目に染みる。笹斜面から樹林に入ると新緑の木漏れ日、峠沢右岸まで下ると沢のせせらぎと春ゼミの大合唱。程よい下りの歩きやすい小道をのんびりと下った。沢よりこのくだりに癒された。那須の南月山に行く機会を逸し見損なってしまったミネザクラに偶然出会たこともあり、期待を上回る山行になった。
タグ:峰桜
nice!(0)  コメント(0) 

赤岩岳 赤岩峠から八丁峠 [秩父周辺]

2019年5月30日 快晴
新緑と空とアカヤシオがきれいだった。

ニッチツ廃屋集落裏手から沢沿いを登り、西の枝尾根をしばらくで赤岩峠着
P5305357赤岩峠.JPG

西壁と呼ばれる藪壁の凹角上のちょいハングから取り付く。抜け口の木が良い確保支点だが、抜けるにはたいへん邪魔(感謝と憎悪が入り混じる愛憎の木)
P5305358赤岩岳取り付き.JPG

その上は快適な藪岩を超え、凹角に入ってチョックストーンの上に出る。この凹角内にも愛憎の木が2本。チョックストーン上から腕を伸ばして撮影
P5305363チョックストーンから覗き込む.JPG

チョックストーン上は展望良く新緑がまぶしい。心地よい風が吹く
P5305362チョックストーン上は景色良し.JPG

次のピッチも藪で見えない。この上がショート快適リッジ&フェース状
P5305365チョックストーン上.JPG

写真の裏側から出てきた。右に一手トラバースが核心だが、ハーケンが2本ありフリクションよく大助かり。
P5305369この壁の向こうは核心.JPG

赤岩岳を超え1583mピーク手前のピークへの登り。踏み跡には古いロープがかかっている。西壁よりも立っている?
P5305387縦走の核心1583一つ手前のピークの登り.JPG

アカヤシオ、盛りを過ぎていたがまだまだ。 今回唯一の花
P5305392アカヤシオ.JPG

1583mピークへの登り。難しくないが、藪がなく高度感あり楽しいところ。
P5305401ピーク1583手前のスラブ登り.JPG

八丁峠からの下りはコバイケイソウの畑
P5305423落合橋方面に下る.JPG

赤岩尾根は両神山の北西にあり、鎌のように北から西に延びる1500m級の長い尾根の、赤岩峠から八丁峠までを赤岩尾根と呼んでいる。赤岩岳から八丁峠までは、大した距離もないが、小刻みなピークの急なアップダウンと、枯れ葉のトラバースなどでとてもくたびれてしまった。そのせいか、うっかり1589mのピークを巻いて八丁峠に下りてしまった。赤岩尾根といえば後立山連峰一の短い急な尾根なので、個人的には赤岩岳尾根と呼べば紛らわしくないと思うのだが。

赤岩尾根ログ.jpg
登山口(1:00)取付(休1:00/登攀2:30)赤岩岳(2:30)八丁峠(0:30)落合橋
nice!(1)  コメント(0) 

武甲山 高ワラビ尾根から表参道 [秩父周辺]

2019年3月29日 快晴 2℃(登山口)
国土地理院の電子地図を眺めて、きれいな尾根を見つけていた。2015年に発行された「登山詳細図」に掲載されてしまったのは残念だったが、行ってみた。

県道73号線右の有料駐車場から先に進むと橋立橋、渡り切った左に尾根末端の岩が見える。取り付きはカーブを緩く左に曲がったところにコンクリートの階段がある。
P3295104.JPG

猫柳が春らしい
P3295105.JPG

階段を上ると左に明瞭な踏み跡がある、辿れば末端岩(登ればよかった)。左下に橋立橋
P3295109.JPG

末端岩の右側は急な草付になっていて、橋立川に続いているとみられる。折り返して尾根を進む
P3295110.JPG

右の岩を超えてこのコルに出た(写真は振り返り)。下りの人の為に階段(舗装道路)の方向(左)が表示してある。階段からまっすぐ登れば30mほどでここに出る
P3295113.JPG

城山の三角点(705.5m)尾根が合流しているので、下りで間違えないようテープがうるさい
P3295122.JPG

岩左基部を進むが、裏から容易に登れ、展望が良いので休憩する
P3295132.JPG

東側が切り開かれた場所から武甲山
P3295139.JPG

馬酔木(あせび)の花道
P3295144.JPG

伊勢岩ノ頭(1040m)から北方向(来た方向でもある)を振り返る
P3295146.JPG

巣山ノ頭を超えてアップダウンを繰り返すと、覗き岩から天目山方面が望める。まだ雪がある
P3295162.JPG

小持山からシラジクボを超えた武甲山の登りにコバイケイソウの新芽
P3295177.JPG

表参道の橋立川出会いは二股の広い河原で気持ち良い。右俣は伊勢岩ノ谷、滝の先はゴルジュとなってさらに滝がある
P3295189.JPG

本流にも滝がかかり右岸に道がある(通行止めの廃道で、タワ尾根やシラジクボへ続いて居たようだ)
P3295188.JPG

長い林道の道端にカキドオシだろうか、可憐な花
P3295204.JPG

この林道には、橋立川の両岸に若い桜並木があり、蕾が膨らみかけていた。御岳神社の鳥居前で車両通行止めとなっているのが残念。
P3295208.JPG

高ワラビ尾根の名前を知ったのはつい先日、登山詳細図を見た時からで、ネット検索をするとたくさんの記録が出てくる。かなり前に国土地理院地図を眺めていて、きれいな尾根なので行ってみたいと思っていたが、こんなに有名になっていたとは知らなかった。藪のない顕著な尾根で、一部に岩っぽい部分や木の根につかまるような急登があるものの、古いテープが要所にあり、尾根筋も明確なので易しい。ただ、ずるずる滑るというか崩れる土や、良く滑る上にその下に何が隠れているかわからない落ち葉を踏むことになるので、特に下りや、間違ったトラバースは危険だ。ほとんどが杉林で眺望が悪いのは残念な部分だが、静かだ。

なお、高ワラビ尾根は県道からの取り付きのフェンスと、巣山ノ頭に「作業道であり、登山道ではない」趣旨の表示がある。

ログ(武甲山から駐車場までが取れていなかった/Geographica iPhone)
高ワラビ尾根ログ.jpg
駐車場(6:12)― 高ワラビ尾根取付(6:17)― 城山705.5m(7:14)― 伊勢岩の頭1040m(8:35)― 小持山(9:30)― シラジクボ(10:00)― 武甲山(10:30)― 林道終点(11:55)― 駐車場(12:35)


nice!(1)  コメント(0) 

男山ダイレクト [秩父周辺]

2018年11月5日 曇り時々晴れ
男山ダイレクトに行ってきた。2017年に馬越峠から来た時に、この稜をみて登れそうだと思った。実現できてとてもうれしい。久々の登攀は気持ちが良かった。

登山口 ゲートを開いて入ったら閉じておく
PB054545登山口.JPG

林道から男山
PB054546林道から男山.JPG

最初の分岐を左(便宜上分岐1とする)
PB054548リンドウ分岐1.JPG

次の分岐も左(便宜上分岐2とする)
PB054553林道分岐2左へ.JPG

目印の木に巻き付けた道標は破けてしまってこの通り、看板などもなかった。
PB054552林道分岐2の表示はボロボロ.JPG

分岐個所では草の林道だが、すぐに落ち葉に埋もれた踏み跡に変わる
PB054555すぐにこんな道に.JPG

沢を横切ると踏み跡も消えるので、ひたすら北北東に進路をとり、尾根に上がる。この尾根を登ってゆくと沢少し上に横たわっていたワイヤーロープが再び出るので、ワイヤーに沿って尾根を詰める
PB054558水流のある谷を渡って踏み跡不明.JPG

ワイヤー終点の平地
PB054559ワイヤーの終点を左にトラバース.JPG

左に踏み跡が伸びているので辿って隣の稜線に、これがお目当ての稜線 少し上って、最初の岩の基部を右に巻くと取り付き点
DSCN0475.jpg

1ピッチ 見上げの松まで
PB054564取り付きカら.JPG

見上げの松の上
PB054567松の木の上.JPG

八ヶ岳を背景に登攀は気持ちよい
PB054574背後に八ヶ岳.JPG

2ピッチ
DSCN0481.jpg

終了点上の、男山へのやせ尾根(3Pの写真省略/忙しくて撮影できず)
PB054578終了点から稜線を少し歩いて.JPG

やせ尾根を進む
PB054582男山への稜線.JPG

登山道とは反対側から男山
PB054583男山.JPG

下山路分岐
PB054586下りの分岐.JPG

かなり急な登山道
DSCN0499.jpg

傾斜がなだらかになると林道に下りる
PB054588林道末端に出る.JPG

林道から登攀ルート
PB054591林道から登攀ルート(左)と歩いた稜線.JPG

登山口の道路へ
PB054593登山口に到着.JPG

一部を除きⅢ級程度というが、ここの岩はコケがうっすらついていて、滑るのでホールドが心もとなく、案外手こずるような箇所もあるので甘く見ないほうが良いだろう。ちょっと嫌な場所にはハーケンがある。1Pに1本、2Pに2本、3Pにも2本をありがたく利用した。平日なのでルート貸し切りで、のんびりゆったり登攀を楽しめた。

GPS
男山ダイレクトGPS軌跡.jpg
地図上の分岐1の上の破線道、分岐2の下の分岐道は見当たらない。

登山口7:40-分岐18:15-分岐28:27-沢8:50-ワイヤー終点9:30-取り付き9:45-終了点12:45-男山頂上13:05-天狗山分岐13:25-林道13:40-登山口14:30(到着時間、休憩など含む)


紅葉が綺麗だと思う、同時に夕焼け空のように切ないような、何とも言えない気分になってしまうのはその色のせいだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

天狗山と男山 [秩父周辺]

2017年6月10日 晴れ/曇り
馬越峠から天狗山と垣越山と男山を往復してきた。

天狗山から男山
IMG_4541.JPG

咲き残りのつつじ
IMG_4545.JPG

花が少ないシャクナゲ
IMG_4547.JPG

岩と新緑が美しい
IMG_4556.JPG

見晴らしの良い稜線
IMG_4561.JPG

男山から天狗山
IMG_4568.JPG

男山から八ヶ岳
IMG_4570.JPG

天狗山巻き道の垣越山側分岐
IMG_4552.JPG

国土地理院表記の道は痕跡も不明箇所多々(ここは道らしき跡がわかるほう)
IMG_4595.JPG

ここが馬越峠側巻き道の入口(閉鎖されていた)
IMG_4596.JPG

手軽に岩稜歩きが楽しめると思い行ってみた。ミツバツツジとアズマシャクナゲがたくさんあるが見ごろをやや過ぎていた。お目当ての岩稜歩きはほんの少しで期待外れだったが、切れ落ちた稜線の冷たい風は心地よく、新緑と岩がとてもきれいですがすがしかった。戻る際、楽をしようと天狗山の巻き道に入った。当初道は明瞭で、アルミのはしごなどもあったが、小尾根のジグザグ道を少し下ったところで目的の方角と乖離した。あるのは獣道か荒廃した登山道か見分けがつかない痕跡で、辿ってみたが消失。シダや落ち葉や枯れ枝で歩きにくいが藪ではないのが幸い。稜線が見えるが壁に阻まれている。しばらく進んで獣道でさえ廃道だろう程度の痕跡を辿って地図の巻き道の少し上部で登山道と合流。地図の合流点にはロープが張ってあり、覗き込んだが道らしきものはなかった。国土地理院の北側巻き道は、楽したいのなら入らないほうが良いだろう。まあ沢登りの源頭歩きと思えば楽な方だった。

竜喰谷で沢初め [秩父周辺]

2016年7月18日 曇り時々晴れ
雨の予報が外れて沢日和。

出合いの本流、落差はないが配置がダイナミック。
P7183690.JPG

フェルトソールの感触を思い出しながらこわごわと。
P7183706.JPG

曲り滝には先客が
P7183716.JPG

滝横に抜け穴がある
P7183727.JPG

そろそろ終盤
P7183730.JPG

見慣れた橋で終了
P7183731.JPG

いくつか滝を超えるのに夢中になっていたら、いつの間にか日が差し込むようになって、緑と飛沫が輝いていた。 水はまだまだ冷たく長居はできないが、シャワークライムは気持ちよかった。 ここ数年ほとんど沢に入っていなかったので、フェルトソールとの信頼関係はいまいち。 今年はどうかな。

西沢渓谷の紅葉 [秩父周辺]

2015年10月31日 曇り
黄色が主体の紅葉は今が見頃。山頂付近はすでに落葉。

お馴染みの東沢の出合い堤防上の河原の紅葉
IMG_3147.JPG

青黒い淵に泡のグラデーション
IMG_3158.JPG

西沢のメイン、5段の滝はやはり圧巻
IMG_3169.JPG

遊歩道最終の滝(ちょっと手前の河原に休憩広場がある)
IMG_3173.JPG

鶏冠山
IMG_3174.JPG

秋色(黄色)
IMG_3183.JPG

秋色(白)
IMG_3184.JPG

秋色(赤)
IMG_3185.JPG

景色の鑑賞は渓谷道と滝だと思っていたが、軌道跡の戻り道もなかなか趣があり楽しかった。5時間かけてゆっくり歩く。シーズンなのでもっと混んでいるかと思ったがまあ、許容内。 無料駐車場は8時半ですでに満杯となり、東沢山荘駐車場¥500に。帰りにきのこ汁を頂いたが、ありがちな栽培物ではなく間違いなく天然モノの見かけないきのこで、歯ごたえと香りが逸品。こんにゃく館に移動してこんにゃくそば御膳をいただく。冬にお世話になっているトイレ前の駐車場が満車、御用の方が困ると思う。冬はトイレも東沢山荘も閉鎖されているので大目に見てとは、虫良すぎ? ほとんど曇りで午後は強風となり寒かった。道路の温度表示が6℃を示してお入り、もうすぐ冬。

距離10km、累積標高差は1100m

両神山はまだ冬だった [秩父周辺]

2015年4月12日 晴れ/曇り

足試しに両神山に登った。 八丁トンネルへの林道は志賀坂トンネル脇のゲートがまだ「冬季閉鎖」中だった。梅雨のような天気続きの中今日だけはよく晴れる予報。 ミツバツツジを期待していた。ところがごく僅かながら、登山道の日陰に雪、少量だが岩場にベルグラ、木の根からつららが下がっていて、春はもう少し先。 麓の坂本は桜が満開だった。

八丁トンネル前から二子山
01駐車場から二子山.JPG

谷にはまだ雪が詰まっている
02谷の雪.JPG

八ヶ岳
03稜線から八ヶ岳.JPG

浅間山、はるか後方に北アルプスや尾瀬・上越方面の山も見えた。
04稜線から浅間山.JPG

つらら
06つらら.JPG

東岳から一番手前が西岳、その奥が行蔵峠。峠という名のピーク
07行蔵峠と西岳IMG_0286.JPG

両神山頂 08頂上にて.JPG

西岳の登山道、切り立った岩場が続くが鎖完備 09東岳から西岳.JPG

西岳から振り返る東岳の登山道、こちらも鎖完備。 10西岳から東岳.JPG

日和田山でトレーニングを開始したのでもう少し楽かと思ったが、膝や大腿筋にかなりの負担がかかった。
八丁トンネル9:30-12:45両神山山頂13:30-16:30八丁トンネル

岩根山荘でアイスクライミング [秩父周辺]

2015年1月20日晴れ

小川山手前の岩根山荘でアイスクライミングを楽しんだ。
数日前に誘われてタイミングよく会社も家もパスして参加。モノポイントアイゼンにカシン Xドリーム(レンタル)で対角バランスを練習。楽しい1日だった。やっぱりよい道具はよい。  ほしくなる。

岩根山荘。この前庭に氷のタワー。
IMG_0750.JPG

壁はほぼ垂直に見える(練習はこの裏側で)
IMG_0749.JPG

唐沢の滝に行くかもしれないと言われたのでスノーシューやストックを持参したが誰も持ってこず。

前の10件 | - 秩父周辺 ブログトップ