So-net無料ブログ作成

盗掘されたやまゆり [日和田山]

2019年7月23日 曇り/小雨
厚い雲で今日も薄暗いが、予報では明日には梅雨明けとなる。今年は気温が低かったからか、雨が多いのにキノコが少なく、この時期でもまだセミが鳴かず、森はひっそりと静かだった。暗い森にはやまゆりが咲きだした。
日和田山界隈
P7235616.JPG

物見山界隈
P7235615.JPG

帰りに気づいた日和田山登山口のやまゆり盗掘跡
P7235618.JPG

P7235617.JPG
4時過ぎに日和田山のふもとに来た時、やまゆりが見える場所には小豆色の軽が停車していた。山中では人に合わなかったので、多分事情を知っているだろう。時間から比較的近くの人の仕業と思われる。良心があれば、花を見るたびに盗掘を思い出すだろうが、そういう人ではなさそうだ。宿している事さえ気付かれないままに、邪悪な心はむしろ善人に宿る。

高指山の電波塔は解体済み。まだ重機があるので、建物まで完全撤去されそうだ。天辺に立てるようになるのだろうか。
P7235611.JPG

雲海と言えなくもないかな
P7235612.JPG
タグ:やまゆり
nice!(0)  コメント(0) 

富士吉田登山口 馬返しから5合目 [丹沢・富士周辺]

2019年7月21日 曇り
今は顧みられなくなった五合目まで、歴史ある登山道を静かに散策と思ったら、トレイルランナーのメジャーコースになってた。

北口本宮富士浅間神社にお参り
IMG_7496.JPG

馬返しから登山開始
IMG_7498.JPG

広い道、江戸時代から大人4人が並んで歩ける広さで作られたようだ
IMG_7500.JPG

2合目の御室浅間神社 すっかり倒壊して神社の面影なし(社殿正面)
IMG_7510.JPG

裏に回ると石の鳥居が割れていた
IMG_7513.JPG

二合目の神社は699年に建てられた富士山最古の神社とのことだ。まだ噴火を繰り返していた御山を鎮めるためだろうか。その本宮は1974年河口湖畔の里宮に引っ越した。スバルラインの開通で人が来なくなった場所ではさみしかったのだろうか。富士山が再び噴火しないことを祈る。本宮が去った跡には奥宮が作られたという。今はフェンスの中にあり管理されているが、すぐ前の社殿が崩れるままに放置されているのはどんな理由なのだろうか。縄で規制されお参りもできない状態だ。なお最初にお参りした神社と2合目の神社は由来が異なり無関係。ややこしいが、全国にある1300社の内の二つだ。浅間神社の総本社は富士山本宮浅間大社であり、富士山山頂の神社はその奥宮だそうだ。でもなぜ最古の神社が総本社ではないのだろうか。

出った蝶 ヒョウモン一族と思われるが柄がでかい
IMG_7501ヒョウモン.JPG

数は少ないが目立つクルマユリ
IMG_7504クルマユリ.JPG

巨木とコケの森なのに意外とキノコは少ないようだ ぬめり茸のなかまか
IMG_7521.JPG

ギンリョウソウ 御室浅間神社付近で1株のみ
IMG_7512.JPG

清楚なバイカウツギ
IMG_7518バイカウツギ.JPG

佐藤小屋下の斜面にダイセンオダマキ
IMG_7535ダイセンオダマキ.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

高指山の高指無線中継所 解体進む [日和田山]

2019年7月13日 曇り
大岳山が霞んで遠く感じられる夏の気配。日和田の森では気の早いひぐらしが一匹だけで鳴いていた。梅雨明けまでおおよそ一週間。
IMG_7488.JPG

高指山の電波塔は解体が進んでいる。3段あったステージはすでになく、日高市側からでは見えない高さになった。高指山はおおむね日和田山と物見山の中間点であり、遠望では塔が目印になっていた。今のところ塔の撤去だけか、塔基部の建物施設も解体するのかは不明。
IMG_7489.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

巾着田のアジサイ&河原のテント [巾着田]

2019年7月9日 曇り
巾着田のアジサイ、今年は大外れ

遠目に見れば、花が少ない
IMG_1775.JPG

寄ってみたら、きれいではない。
IMG_1777.JPG

アジサイに交じって藪カンゾウがちらほら。中国からの帰化植物だそうだが、これも本来の姿ではなさそうな感じ(きれいというよりなんか不気味)
IMG_1776藪カンゾウ.JPG

高麗川はこのところの天気で水量が増して川幅が広く、河原が狭くなっているが、テントを張るには十分なスペース。平日なのに、この天気なのに結構にぎわっている。
IMG_1778.JPG

失敗。カメラを持って行ったがメモリーカードが刺さっていなかった。携帯で撮影

nice!(0)  コメント(0) 

黒尾根にメガソーラ計画 日高市 [日和田山]

2019年7月8日 曇り
5月28日以来の日和田山。首が痛くてまともに動けなかった。

ギボウシには間に合った。
IMG_7477.JPG

高指山の電波塔が撤去されるのか、解体の最中。廃墟ファンの皆様にはお気の毒。
IMG_7480.JPG

梅雨ならでは。杉の幹の苔が生き生きしている。
IMG_7484.JPG

藪の中のアジサイがきれい。人が植えたのだろう、この斜面下には廃屋がある。
IMG_7486.JPG

メガソーラの建設予定がある黒尾根下部。
IMG_7479.JPG

実は5月末から、首から肩甲骨にかけて痛みがあり、日和田詣では止めていたが、ナメラ沢と御座山の誘惑に負け、さらに状況が悪化して、この2週間寝ても痛く、上が向けないほどだった。病院に行こうか迷ってぐずぐずしていたら、このところやっと回復してきたので、気になっている黒尾根を二の鳥居から眺めてきた。確かに大きな面積がパネルになるが、残念だとは思えなかった。
市議会は反対決議を出したようだ。黒尾根の登山道が台無しになるけれど、私は反対でも賛成でもないが、反対理由の「自然破壊」「土石流の危険増加」などには少し疑問。この辺りは杉やヒノキの植林が多い地域であり、落葉広葉樹を伐採して杉やヒノキを植林した時点で保水能力は激減しており、動植物に影響を与え、土石流の危険が増した。一方ソーラ工事した方が土石流の危険を減らすこともできるんじゃないか。住宅街は谷を越えた南側の高台なので、反射光が北から注ぎ屋内を明るく、冬はやや暖かくなるのでは?夏が暑くなるならば、クーラー用電力を無償提供させるとか、プラスの事柄もよーく考えたほうが良いのじゃないかと思ったりする。心配なのは倒産で装置置き去りの廃墟となる事だと思う。実行可能な対処が法的に何もないようなのは大問題だと思っているので、国に法整備等を求める意見書を出すのは、日高市議会としては上出来だ。原発の廃燃料、火力のCO2、水力の村水没、風力の低周波音などに比べると、反射光の問題はあるが、太陽光はわるくないと思える。もし私の家の裏山にできたならば? 管理要員として雇ってもらえるかもしれない。
nice!(1)  コメント(0)