So-net無料ブログ作成

御座山北西稜 栗生アプローチ(佐久 南相木) [秩父周辺]

2019年6月26日 晴れ
御座山(おぐらさん)の北西稜を梅雨の合間に訪れた。

栗生登山口、途中からダートの林道だが、路面は凹凸ほとんどなく走りやすい。駐車場奥が登山口
P6265551.JPG

不動の滝
P6265554.JPG

御岳神社
P6265562.JPG

北相木分岐、北相木・山口への登山道はシダがかぶって藪の様相だが、赤や黄色のテープあり(写真左に下る)下るとはっきりした道になるところからトラバース開始
P6265564.JPG

取り付き(もしかしたら取り付きから10mほど登ってしまったかもしれない小テラス)から見上げ
P6265571.JPG

上の写真のリッジを抜けると全体が見える(1P目約40m)
P6265577.JPG

2P目終了点から見下ろす(2P目約25)
P6265578.JPG

終了点から。少し藪があるが見晴らしの良い岩稜
P6265582.JPG

この時点では御座山と思っていたピーク
P6265585.JPG

今度こそと思ったが、やっぱり違った
P6265587.JPG

南側はすっぱり切れ落ちている
P6265592.JPG

今度こそ御座山ピーク。証拠は祠。でもまだ遠い
P6265593.JPG

本峰の登りは石楠花林の踏み跡から
P6265600.JPG

以前登った男山が見える。 右はかすむ八ヶ岳
P6265601.JPG
藪のちょい壁行脚の3回目。クライミングとしての評価は全く期待できないが、それだけに訪れる人もあまりなく、1日で完結し、さほどの緊張も強いられず、野性味あふれる静かな時間が持てた。

GPSログ
御座山ログ.jpg
駐車場(6:30)-不動の滝(7:15)-北相木分岐(8:30)-取り付き(9:45)-御座山(13:50)-北相木分岐(14:20)-不動滝(15:10)-駐車場(15:45)

通常北相木の山口登山口から尾根末端に登るが、反対側の登山道を利用して北相木分岐から山口登山口側に100mほど下って北西稜へトラバース。薄いが藪が引っかかり、倒木越えで体力消耗。岩壁に突き当たってから基部を下れば壁が切れて自然に稜上に回り込める。そこから稜上を登り返して目指す尾根の稜にでる。取り付きの痕跡がなく少しフリーで登ると小テラスに着いたのでそこから開始、左手側面の木に古いテープシュリンゲがあった。正面が南東に延びるリッジで、右2m位奥に南西向きの凹角がある(持ってきたカムを使いたくて凹角に入ったんだと思う。私は凹角とスラブが嫌いなのだが)。出だし数メートル頑張ればその上は見通しの良い容易な岩稜となる。2人が立てる広さのテラスでピッチを切る。少し上ると立ってくるが、ハーケンが良い間隔で2本打ってあり利用する。超せば歩けるほどの傾斜になり、藪が始まるところであっという間に終了。もう一ピッチ有るかと思っていたのであっけない終了となった。取り付きで登りすぎたのかも。終了点から岩稜歩きとなるが、最初の偽ピークの登りで左に基部を巻く踏み跡に入ったのが失敗。どこまで行っても壁に阻まれて稜に戻れない。唯一石楠花の藪が続く凹状をやっと登って稜に戻るともうバテバテになった。3度偽ピークに騙されて、すっかりばてて本峰に到着した。

写真では容易に見えるが、ホールドが抜けたり、スタンスに信頼がおけなかったり、カサカサに乾いた苔が滑ったり、草付が柔らかく剥離しやすかったりと、あの手この手で楽しませてくれるので、油断なきよう。
nice!(0)  コメント(0) 

千年の苑のラベンダー 嵐山町(埼玉県) [観光]

2019年6月13日 晴れ
今年オープンしたてのラベンダー園に行ってみた。「6月9日に2分から3分咲き」と報道されたが、本日2分も咲いていない。穂は紫に見えるがまだつぼみ。見ごろは来週からだろう。入園料は500円だが、咲き具合を考慮して3分なら150円にしてほしい。

園ほぼ中央から北東側
DSCN5387.JPG

西の中ほどから東(旗の所が東西の真ん中)
DSCN5388.JPG

北に槻川、東に都幾川の合流点で、南は森林、西にはなだらかな正山が見渡せ、広大なラベンダー園が緑の森に囲まれて、ロケーションはかなり良い。暑い日だったが川風が心地く吹いていた。広さ8ヘクタールは8万平方メートル、正方形なら一辺が約280mとなる広さで、カメラに収まり切れない。南の森林際には側溝がある。川から水を引いて小川に改造して蛍を育てればさぞ見栄えがするだろうと思った。

キッチンかーエリアは10数軒あったが、ケバブとブリヌイが本日のおすすめ。ケバブはどこでも見かけるが、うさん臭くて敬遠していたが、たいへんおいしくボリューム満点。ブリヌイはロシアのクレープ、ほうれん草とチーズを食べてみたが気に入った。近いので再訪していろんな種類を試したい。少し遠いが旧平成楼の駐車場が無料で開放されていた。
nice!(0)  コメント(0) 

ナメラ沢から雁坂峠 [秩父周辺]

2019年6月5日 曇り
そよ風、木漏れ日、せせらぎ、春ゼミの大合唱。平日とあって人皆無

秩父側から進めば雁坂トンネル料金所先の左の駐車場奥が林道入口
P6055428.JPG

亀田林業さんの土地のようだ(登山競争、トレラン禁止と書いてある/登山はOKと読む)
P6055430.JPG

沓切沢橋の先で舗装林道から山道
P6055440.JPG

登山道に入渓点表示
P6055443.JPG

峠ノ沢に降り立ち、100mほど下った二股がナメラ沢出合。ゴーロから滑数本で堰堤のような滝、右から延びるバンドを左に向かって登ってみた。10㎝ほどの幅で中央寄りが階段状、ホールドがないので朝一は緊張
P6055453.JPG

一枚岩の滑、何処でもいけそうだがスタンスを選ばないと滑る
P6055460.JPG

滑床に岩がごろごろ随所。昔の記録ではきれいな滑だったようだ
P6055466.JPG

二俣は左に。流木は記録ほどなくほとんど気にならない
P6055478.JPG

歩きやすい源頭部、右岸崩壊地の先が青笹尾根取り付き。
P6055489.JPG

青笹尾根取り付きは笹の斜面が広がっている。写真は本流で水が枯れ、巨岩累々。不安定な岩もあり「岩石雪崩渡りの術」を不意に思い出す。
P6055499.JPG

稜線に出た穴
P6055511.JPG

折角なので破風山往復、山頂標識は「破風山2」「西破風山1」
P6055508.JPG

二人岩(勝手命名)
P6055520.JPG

立ち枯れが随所に
P6055523.JPG

ここだけ咲いていた石楠花
P6055513.JPG

思いがけないミネザクラ
P6055525.JPG

雁坂峠に近づくと背の低い笹原に新緑の唐松が点在
P6055529.JPG

峠からの展望は良いそうだが、靄で遠望利かず
P6055532.JPG

沢沿いの木漏れ日の小道は春ゼミ時雨
P6055548.JPG

ナメラ沢は名の通り滑ノ沢、滝記号はたくさんあるが、堤防のような滝以外は滑であり滝ではないと思える。ルートミスがなければ沢靴とヘルメット以外は不要だ。詰めも下るも青笹尾根が楽なようだが、どうしてもへこみに拘った。あるガイドブックには地獄の詰めと、ならなおさら。行けば納得、巨岩帯が疲れる。急で不安定。まもなく藪なしの樹林になるが、詰めあがるほどに傾斜が増してくる。それでも1時間ほどだ。まあ、それまでが楽過ぎたのだろう。稜線は風が心地よく、峠は広々として見下ろす谷の新緑が目に染みる。笹斜面から樹林に入ると新緑の木漏れ日、峠沢右岸まで下ると沢のせせらぎと春ゼミの大合唱。程よい下りの歩きやすい小道をのんびりと下った。沢よりこのくだりに癒された。那須の南月山に行く機会を逸し見損なってしまったミネザクラに偶然出会たこともあり、期待を上回る山行になった。
タグ:峰桜
nice!(0)  コメント(0)