So-net無料ブログ作成

赤岩岳 赤岩峠から八丁峠 [秩父周辺]

2019年5月30日 快晴
新緑と空とアカヤシオがきれいだった。

ニッチツ廃屋集落裏手から沢沿いを登り、西の枝尾根をしばらくで赤岩峠着
P5305357赤岩峠.JPG

西壁と呼ばれる藪壁の凹角上のちょいハングから取り付く。抜け口の木が良い確保支点だが、抜けるにはたいへん邪魔(感謝と憎悪が入り混じる愛憎の木)
P5305358赤岩岳取り付き.JPG

その上は快適な藪岩を超え、凹角に入ってチョックストーンの上に出る。この凹角内にも愛憎の木が2本。チョックストーン上から腕を伸ばして撮影
P5305363チョックストーンから覗き込む.JPG

チョックストーン上は展望良く新緑がまぶしい。心地よい風が吹く
P5305362チョックストーン上は景色良し.JPG

次のピッチも藪で見えない。この上がショート快適リッジ&フェース状
P5305365チョックストーン上.JPG

写真の裏側から出てきた。右に一手トラバースが核心だが、ハーケンが2本ありフリクションよく大助かり。
P5305369この壁の向こうは核心.JPG

赤岩岳を超え1583mピーク手前のピークへの登り。踏み跡には古いロープがかかっている。西壁よりも立っている?
P5305387縦走の核心1583一つ手前のピークの登り.JPG

アカヤシオ、盛りを過ぎていたがまだまだ。 今回唯一の花
P5305392アカヤシオ.JPG

1583mピークへの登り。難しくないが、藪がなく高度感あり楽しいところ。
P5305401ピーク1583手前のスラブ登り.JPG

八丁峠からの下りはコバイケイソウの畑
P5305423落合橋方面に下る.JPG

赤岩尾根は両神山の北西にあり、鎌のように北から西に延びる1500m級の長い尾根の、赤岩峠から八丁峠までを赤岩尾根と呼んでいる。赤岩岳から八丁峠までは、大した距離もないが、小刻みなピークの急なアップダウンと、枯れ葉のトラバースなどでとてもくたびれてしまった。そのせいか、うっかり1589mのピークを巻いて八丁峠に下りてしまった。赤岩尾根といえば後立山連峰一の短い急な尾根なので、個人的には赤岩岳尾根と呼べば紛らわしくないと思うのだが。

赤岩尾根ログ.jpg
登山口(1:00)取付(休1:00/登攀2:30)赤岩岳(2:30)八丁峠(0:30)落合橋
nice!(1)  コメント(0) 

奥武蔵登山詳細図 宿谷の滝コース補足情報 [奥武蔵]

2019年5月28日 曇り 
久々に宿谷の滝に行ってみた。奥武蔵登山詳細図に物見山から宿谷の滝下への尾根上の赤破線コースがあり、以前から気になっていたので行ってみた。詳細地図の分類上は赤破線の「コース」であるが、実際は道標がないので、紫実線の「ルート」で良いような状況。尾根ルートの末端は以前からごく細い急な斜面の踏み跡であったが、2014年の大雪で大木が根こそぎ倒れた際に、その踏み跡も崩れてしまい、その後復旧されず、現在は踏み跡のない藪になっていた。したがって足元が不安定で崩れやすく、草や灌木を頼りに藪を下ることになる。手前の滝上に出る踏み跡も藪っぽく、登山道とは言えない状況であることを報告します。
P5285354.JPG

尾根の末端、赤→付近から滝脇の階段が見え、落ち葉の先に藪が見える。
P5285347.JPG

遊歩道から降りてきた藪を見上げる
P5285348.JPG

宿谷の滝
P5285350.JPG

宿谷川沿いの登山道は心地よい。谷と別れて物見山への尾根を登り始めると、北側がすっかり切り払われて明るくなっていた。道が随分広くなった。
P5285352.JPG

このコースは、宿谷川沿いの物見山に通じる一般登山道と組み合わせると、周回コースになるなかなか良いコースだ。詳細図の影響かどうかわからないが、物見山東尾根コースの分岐までが以前と比べ3倍ほどの道幅になっていることに驚いた。

昨日腰が痛くてゴロゴロしていたら、コクンと腰骨が鳴った。思った通り今日は絶好調で、いつもは三段ギアのセカンドでやっと登る坂道を、気が付けばトップギヤで登り切っていた。日和田山からぐるっと回って沿面距離7.3km 累積標高差±590m を2時間、≒3.5km/hは好調の証ではなかろうか。

ちなみに、本日の靴はスポルティバのボルダーX。やっぱり履き心地は最高で、履いているというよりは全方向にぴったり張り付いている感じ。
nice!(0)  コメント(0) 

アプローチシューズ スカルパとスポルティバ [山の道具]

2019年5月27日 晴れ
しばらく前にアプローチシューズの紐が切れ、やむなくある理由から履くのをやめた靴を履いて、新規購入の機会をうかがっていたが、それが今日。スポルティバのトラバースX4を購入。暇なので比較してみる。

スカルパ ゼン
IMG_7463スカルパゼン2.JPG

IMG_7464スカルパゼン3.JPG

スポルティバ ボルダーX
IMG_7458ボルダ―エックス2.JPG

IMG_7460ボルダ―エックス3.JPG

スポルティバ トラバースX4
IMG_7466トラバースX42.JPG

IMG_7470トラバースX43.JPG

紐通し部分の比較(左右の合わせ/ベロの見え方の違い) スカルパ(左)は布で甲をがっちり、スポルティバ(中 右)はどちらかといえば紐で押さえるタイプ。下りでつま先が当たりにくいのはスカルパ ゼン。
IMG_7471ベロ部分の違い.JPG

つま先の高さのカーブの違い トラバースX4(右)のみ親指部分が一番高く足構造に合致している。
IMG_7472つま先の違い.JPG

縫製の違い 価格はボルダーXの方が安いのに、縫製はしっかりしているように見える。
 スポルティバ トラバースX4 
IMG_7455.JPG
 スポルティバ ボルダーX
IMG_7456.JPG

カットの違い 
 スポルティバ ボルダーX と スカルパ ゼン ボルダーXのカットが深く、くるぶしと干渉しない 
IMG_7469ボルダ―とゼン.JPG
 スポルティバ トラバースX4 と スカルパ ゼン 残念ながらカットが深くなったトラバースX4
IMG_7467X4とゼン.JPG
 スポルティバ ボルダーX と スポルティバ トラバースX4 同じメーカーながらなぜこれほど違うのか。
IMG_7468ボルダ―とX4.JPG

アプローチシューズ選び(スカルパとスポルティバ)

スカルパゼン:始めて履いた本格的なアプローチシューズ。ローカットながら足をしっかりホールドし、ひもをしっかり締めると、下りでもつま先側に足がずれることがなく、夏山全般に使用できる。欠点(自分の足に合わない点)としては、実際の足は親指が一番高いのに、つま先の中央付近が高くなっている上に足先の高さがやや低く、厚めの靴下では爪がすれるためか時間の経過とともに、熱いような痛いような不快感が生じる。(熱の影響が出て気になる)。したがって、ごく薄い靴下で使用する数時間行動の範囲なら良いが、長時間歩く場合には不向き。どのメーカーでも最近はつま先がゴムなどで補強されているので、履いていてなじむ類ではないので注意が必要。

スポルティバボルダーエックス:紐の通し方が独特で、着脱が容易で比較的均一に締まのでホールド感が良い。ローカットのカーブがくるぶしに触れず、ストレスがない。欠点(自分の足に合わない点)はつま先の高さがゼンと同様中央が高く両端に低いカーブとなっているので、ゼン同様爪の擦れが気になる場合がある。ただし、補強のゴムがゼンより柔らかいために、ゼンほど気にならない。また、靴の左右の紐を通す穴の開いた部分(ベロが見える部分)がひもを締めても大きく、下りでつま先側に足が寄るのを防ぐのがこの紐にかかっているため、つま先に詰まり気味で爪が当たる場合がある。歩き方で補完する必要があり、気疲れする。

スポルティバトラバース
まだ履いていないので履き心地は分らないが、外観上つま先の高さのカーブが改善され、親指側が一番高くなっている。これで少し厚い靴下も履けそうだ(履けるがまだ歩いていないので)。残念な点(自分の足に合わない点)は、ローカットのカーブがやや高くなっていて、スカルパ同様くるぶし下にカット部分が当たる(歩くたびに突き上げられる)。また軽量化のためかコストダウンのためか、ボルダ―エックスより高価(1000円ぐらい)なのに、作りが安っぽい。

ローカットの高さにこだわる理由(根拠なくまったくの自己の憶測)
ずばり「血管平滑筋腫」の原因ではないかとの疑い。患部の位置がちょうど靴のカット部分が当たる場所と一致していた事、その足の方が強く当たっていた事から疑っている。疑うとますます気になってしまうので、お気に入りだったスカルパのゼンが健全なのに、当たらなかったボルダ―エックスに履き替えた。スポルティバなら安心と思い、今回はトラバースを購入したが、購入後詳細に調べると、ローカットの高さがやや高くなっていて、室内装着では微妙な位置だ。他社スニーカー、革靴も同様なものが多いので、くるぶしの位置や高さを考慮してのカットラインを望んでいる。

このところ体調不良でなかなか出かけられない。母指球が治ったと思ったら今度は腰がギクギク。蓬峠から帰ってから、少し違和感があったが、昨日の地域一斉清掃の側溝掃除でついに軽いぎっくり。ただいま養生中。今回は幸いにも軽くて現在はほぼ正常。重い荷が背負えると思えるようにいつなるだろうか。おかげで今年も連休明けの静かな残雪・新緑の山に行けずじまいで夏が来そうだ。
nice!(0)  コメント(1) 

イノシシ&ヤマカガシに遭遇 [日和田山]

2019年5月17日 晴れ
ホウチャクソウが気になって物見山まで行ってみた。4日前に高指山近辺で咲いていたホウチャクソウ、物見山ではまだ咲いていないと思ったが、どうやらすでに咲き終わっていたようだ。

途中で見つけたバツイチフタリシズカ(フタリシズカの花が1本なので)
IMG_7434.JPG

ツクバネウツギ、垣根によくあるのはハナツクバネウツギ=リベリアで中国原産の園芸種らしい
IMG_7439.JPG

オカタツナミソウ しそ科の花はよく似ていて同定に自信なし。
IMG_7441.JPG

物見山の帰りに、久々に黒滝に寄ってみようと日向尾根(獅子岩の尾根)から回ってみた。ここはまだ以前の日和田山登山道の面影がありすぎて、ほとんど人が入っていないようだが踏み跡は明瞭。日向尾根から東に踏み跡を辿りトラバース。すぐに滝下と滝上の分岐があるので下りかけると、足下から茂みのざわめきと石が転がるような音。落石かと思ったが、よく見るとイノシシの大きな尻が落ちてゆく。30mほど走り下り首だけ振り向いてこっちを確かめ藪に消えた。去ったと思い下ってゆくと、すごい鼻息が近くの藪から聞こえてきた。こっちが丸腰だから弱いと見たのか立ち去らず、どうやら威嚇されているようだ。とどまって藪をにらむが姿が見えない。かなり近くで威嚇の鼻息が続く。これはやばいと思い、来た道を分岐まで引き返し踏み跡を辿って滝上に出た。レーダー照射を受けた対潜哨戒機の乗組員もこんな気持ちだっただろうか。イノシシが掘り起こした痕跡は今までも目撃しているが、本体をこんな間近で確認したのは初めてだ。滝上から姿を探したが確認できず、物音も聞こえず静かになっていた。人間を追い払ったという自信を与えてしまったかもしれない。先日は鹿も見ているし日和田山界隈も動物の縄張りがじりじりと里に迫っているのかもしれない。登山道入口近くまで下ると、今度はヤマカガシが道の真ん中で寝ころんでいた。余計なお世話だが、長い方向に移動するよりも、時にはピンと伸びて横に転がったほうが、フクロウなどの攻撃をかわすのに有利ではないだろうか。彼らはいつ気が付くのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

コアジサイが咲いていた [日和田山]

2019年5月13日 曇り
ほぼ一カ月ぶり、令和になって初めての日和田山。春の最もよい時期に大穴を開けた。

薄日の森に淡い水色のコアジサイ、日和田山の前山に多く咲く
IMG_7416.JPG

ガマズミ
IMG_7415ガマズミ.JPG

ガマズミに似た名前が分からない花
IMG_7413.JPG

アブラツツジ、金刀比羅神社の奥に多い
IMG_7414アブラツツジ.JPG

物見山のホウチャクソウ自生地、台風で倒れた木を積まれて絶えたかと思っていたが少し残っていた。今年も咲いてくれるか。
IMG_7408.JPG

痛めた母指球、東篭ノ登山の影響はほとんどなかった。足先だけで立ち込めない制限はあるものの、物見山まで歩けたので登山靴やアプローチシューズはOKだが、スキーブーツはまだ履けない。渓流シューズはどうだろう。もたもたしていると梅雨に入ってしまいそうだ。
nice!(0)  コメント(0) 

高峰温泉から東篭ノ登山、池の平 [上信越]

2019年5月11日 晴れ
理由は言わないが、高麗川の河原を走って右母指球を痛め、今月初めて靴を履く。まだ少し腫れているので当たりが強く、少し痛むがどのくらい歩けるか参加した。母指球の故障で連休明けのこんな計画もあんな計画も飛んでしまったが、何にもない季節の静かな山行が楽しめた。

高峰温泉(今日は空いていたので端っこならOKと駐車許可をいただきありがたし)
P5115270.JPG

高峰温泉前の林道脇が登山道入り口。
02P5115271.JPG

水ノ塔山までの稜線は、北斜面に雪が少し残るが、中ほどからは岩の道で眺め好し
04IMG_7397.JPG

東篭ノ登山山頂、背景は浅間山方面 地図の感覚よりはるかに遠い。
07IMG_7403.JPG

左から四阿山、万座・白根、佐武流・白砂 だと思うのですが。(田代湖との位置関係から)
08IMG_7400四阿山、万座白根、佐武流白砂.JPG

2095メートルのピークから四阿山(帰宅後ログを見てびっくり!!)
10P5115312.JPG

鏡池
12P5115317.JPG

外輪山の稜線、さっきはあの稜線を歩いていた。見たほうが綺麗
13P5115319.JPG

あれれ?三方ヶ峰にはログの赤線が行ってない?
東篭ノ登山.jpg

この時期の記録がないわけで、半端な残雪に枯野原、新緑前の木々があるだけで、花一つなし。イワウチワや石楠花は葉でわかるが、基本花で覚えたので他の植物の同定もままならず。この際ありきたりの水芭蕉でもと期待したが、鏡池は省略した西篭ノ登山が映るだけ。おまけに2095メートルのピークの道標を山頂表示と勘違い(だってここが一番高い)して、肝心の三方ヶ峰には行かずじまいと、締まらない記録になってしまった。それでも何より静かだったのが良かった。ここ浅間山界隈は初見なので地形や規模を五感で感じられたのも収穫。 さて明日の母指球はどうなっているかな。
nice!(1)  コメント(0)