So-net無料ブログ作成

杣添尾根敗退 & カシミール地図の登山道ずれ [八ヶ岳]

2019年1月25日 晴れ
杣添尾根から横岳を目指したが、積雪に阻まれて標高2640mで時間切れ。三叉峰まで350mほど手前の岳樺の疎林で引き返した。那須に続き本年2度目の敗退。トラバースに入ると浅くて股、深いと胸まで潜ってしまう。赤岳鉱泉などは雪が少ないと聞いているが、東面のこの雪をもっていってあげたい。

別荘地内の登山口(駐車場から約150mほど)
P1254787.JPG

別荘地の道を4本ほど横切って広い廃林道に出る
P1254789.JPG

貯水池(ほんとの登山道入口)
P1254791.JPG

下部樹林帯
P1254800.JPG

トラバースのラッセル、左中ほどの上、梢の間から遠くに男山
P1254806男山.JPG

到達点
P1254802到達点.JPG

以下引き返して2590mの小ピークから
横岳への稜線
P1254811横岳.JPG

赤岳
P1254812赤岳.JPG

小川山、国師岳、雪の金峰山、中ほどに見えにくいが瑞垣山
PIMG_6915小川山国師金峰_瑞垣.JPG

金ヶ岳と茅ヶ岳と富士山
PIMG_6917金が岳茅ガ岳と富士山.JPG

2590mで一旦尾根上に出るので、尾根通しに進んでみようとしたが、雪が締まっていないため、しらびそや這松を踏みぬいて進むことができなかった。そこで、夏道を辿ってみることにした。ピーク手間までは登山道がへこんでいるのでそれとなくわかるが、トラバースでは全く分からない。テープなどもあまりなく景色で判断し、足探りで進んだ。当たれば股ぐらい、外すと胸まで潜り、なおずるずる沈むような状態で時間がかかってしまった。

GPSログをPCで確認すると、拡大レベル17まではカシミールの登山道がずれて尾根通しに表示されていた。拡大レベル18にズームすると、登山道が正規の尾根北側に表示される。国土地理院地図ではずれないのでカシミールの問題か?

国土地理院地図(登山道は稜線の北)
国土地理院地図.jpg

カシミール地図レベル17(登山道は稜線通し)
カシミール地図レベル17.jpg

カシミール地図レベル18(登山道が稜線の北に変っている)
カシミール地図拡大レベル18.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

奥武蔵登山詳細図を買ってみた [日和田山]

2019年1月21日 晴れ
駒高の東屋前の前に蝋梅が5株ある。今日は満開になっていた。蝋梅の向こうに遠く奥多摩峰(行ってみたいと思い続けている大岳山)
IMG_6900.JPG

一段高い東屋に上がってみれば稜線のシルエットのグラデーション。
IMG_6902.JPG

久々に高指山から東に延びる尾根を辿り、日和田山の北尾根を辿ってみた。昨年の強風で荒れてはいるものの、まだ十分に辿ることができた。この高指山から東に延びる尾根は詳細図には紫実線(道標なし)で掲載されている。清流1号の赤い破線につながっている。そこから日和田山山頂に至るのが北尾根(と勝手に呼んでいる)だが、表記はない。どちらも踏み跡が濃くなったり薄くなったりする同じような状態であるが、片方は表記されていない。一方、男坂と表記されているのは、男坂に至る道で、水天宮から二の鳥居までの本当の男坂ルートは、かなり明確であるが記載されていない。このエリアには、まだたくさんの未記載の踏み跡がある。詳細図に掲載するかしないかの判断に迷ったのであろうか。未知の踏み跡に遭遇する可能性もあり、掲載ルートと勘違いするかもしれない。グレーの破線は特に注意が必要で、今では痕跡がないルートも部分的ではあるが掲載されている。限界があることを承知の上で使う必要があると思った。
nice!(1)  コメント(0) 

日本100名山に入っていない日和田山 [日和田山]

2019年1月19日 晴れ 1℃
山腹の金刀比羅神社の社の正面に、7つの餅が供えられていた。正月に氏子がここで祭事を行うようなので、その儀式なのか、あるいはハイカーのいたずら心なのかわからない。
P1194768.JPG

深田久弥の日本100名山を読んだ。文章は特に秀でたものではないが、その時代の山の様子や山にまつわる歴史などは良く調べられて参考になる。国土地理院地図でルートを一山一山辿た。正味な登山道はほぼ一般道か沢を遡っているので、今とさほど変わらない山も多いが、50年から90年も前の事で、交通機関も道路も全く発達していない中、村々を通過し峠を越えて山のふもとまで行く、あるいは下山後人里まで戻るのに要するアプローチとしての道程が非常に長い。それはそれでうらやましくもあるが、同じコースを辿ろうとすれば、今日では道路が整備され、車の行き交う舗装道路を延々と歩く事になるので、その風景には出会えない。

深田久弥は、100名山の選定基準の理由の中に「観光業の発達によって通俗化された山は選ぶわけにはいかない(要約)」と述べている事から、山の観光地化を嫌っていると思われる。自らがしたためた紀行文がTVに取り上げられることによって、皮肉にも100名山ブームが起こり、通俗化を加速させてしまった事をどう思うだろう。

nice!(0)  コメント(0) 

日和田山の蝋梅が咲いていました。 [日和田山]

2019年1月15日 晴れ ‐1℃
蝋梅が咲いていた。
P1154760.JPG

おおよその場所を心得ているものの、月明かりもなく、ヘッドランプ頼りに探すのは、思ったより容易ではないが、香りを辿っていけばさほど難しくはなかった。まだとても春が近いとはいいがたく、真冬の真ん中の季節ではあるが、また春が遠からずやってくるのだという希望は持てる。すでに13日から1分、日の出が早くなっている事と合わせ、そろそろ春山に思いが巡る。今期はまだ冬山にも入っていないのに。

nice!(0)  コメント(0) 

ミシュラン三ツ星の高尾山を歩いてみた [観光]

2019年1月12日 曇り
高尾山口駅から高尾山、小仏城山を歩き相模原駅に。あいにく曇りで雲も低く、お目当ての眺望が得られず残念。本日のお気に入りはこれ、城山の天狗様。
IMG_1634.JPG

下山は千木良登山口、下りきって右に曲がるとすぐ「富士見茶屋」があり、自家製の草餅(蓬皮に餡を挟んで、柏餅の中身のように二つ折りしたもの)を売っていた。つぶし餡。甘すぎずおいしかった。この茶屋から数分で千木良バス停があり、相模原駅まで楽をした(1時間に2本)。高尾山口駅から小仏城山までは要所に売店(茶店)やトイレがあり、道が整備されていて、山というより観光地として訪れる方がしっくりくる場所だ。小仏城山から千木良登山口までは、よく整備されているが一応山道で、落ち葉が滑るので注意が必要。
nice!(0)  コメント(0) 

物見山の大木倒れる [日和田山]

2019年1月8日 晴れ -2℃
正月早々臥せってしまい、本日が初出動。日の出でも見ようかと物見山まで行ってみたが早すぎた。

物見山は年々杉が育ち、名に反して眺望はすこぶる悪い。普段ほとんど町は見えないが、暗い時間帯になると、育ちの悪い杉の頭越しに、わずかばかりの明かりが透ける。おかげで、日和田山で見るよりも金星と木星が綺麗に見えた。
P1084742.JPG

物見山のベンチ前には、コナラの大木2本が並んで四季を彩ってくれていたが、1本が根こそぎ倒れてしまっていた。上の写真の右に立っている1本のさらに右に立っていた。残った1本も生え際の二股の一方が元から切られ、さみしくなっている。昨年の台風は、この界隈にもかなり影響し、日和田山の山腹の雑木林の斜面を歩いてみても、人が入らない場所では、根を突き出した倒木がそのままになっている。自然は変わる。
P1084734.JPG

まだ早いので、二の鳥居で日の出を待つつもりで戻ったが、なお20分ほどの時間があり、地平線に雲もかかってきたので、本日は清く諦めた。
nice!(1)  コメント(0)