So-net無料ブログ作成

高峰温泉から東篭ノ登山、池の平 [上信越]

2019年5月11日 晴れ
理由は言わないが、高麗川の河原を走って右母指球を痛め、今月初めて靴を履く。まだ少し腫れているので当たりが強く、少し痛むがどのくらい歩けるか参加した。母指球の故障で連休明けのこんな計画もあんな計画も飛んでしまったが、何にもない季節の静かな山行が楽しめた。

高峰温泉(今日は空いていたので端っこならOKと駐車許可をいただきありがたし)
P5115270.JPG

高峰温泉前の林道脇が登山道入り口。
02P5115271.JPG

水ノ塔山までの稜線は、北斜面に雪が少し残るが、中ほどからは岩の道で眺め好し
04IMG_7397.JPG

東篭ノ登山山頂、背景は浅間山方面 地図の感覚よりはるかに遠い。
07IMG_7403.JPG

左から四阿山、万座・白根、佐武流・白砂 だと思うのですが。(田代湖との位置関係から)
08IMG_7400四阿山、万座白根、佐武流白砂.JPG

2095メートルのピークから四阿山(帰宅後ログを見てびっくり!!)
10P5115312.JPG

鏡池
12P5115317.JPG

外輪山の稜線、さっきはあの稜線を歩いていた。見たほうが綺麗
13P5115319.JPG

あれれ?三方ヶ峰にはログの赤線が行ってない?
東篭ノ登山.jpg

この時期の記録がないわけで、半端な残雪に枯野原、新緑前の木々があるだけで、花一つなし。イワウチワや石楠花は葉でわかるが、基本花で覚えたので他の植物の同定もままならず。この際ありきたりの水芭蕉でもと期待したが、鏡池は省略した西篭ノ登山が映るだけ。おまけに2095メートルのピークの道標を山頂表示と勘違い(だってここが一番高い)して、肝心の三方ヶ峰には行かずじまいと、締まらない記録になってしまった。それでも何より静かだったのが良かった。ここ浅間山界隈は初見なので地形や規模を五感で感じられたのも収穫。 さて明日の母指球はどうなっているかな。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。