So-net無料ブログ作成

ビバーク [赤石山脈周辺(南ア)]

2013年12月4日(12月1日、2日の記録)
行く手を阻む岩。
PC022168.JPG

稜線間近、綺麗な雪景色だが、厄介な最中雪
PC022177.JPG

稜線に出たらブロッケン
PC022178.JPG

甲斐駒ケ岳
PC022187.JPG

背景と区別がつきにくいが、中央が烏帽子岩の尾根(登山体系にも尾根の名前は無かった)
PC022193.JPG

一晩中かかっても戻る予定だったが、ルートに阻まれビバークした。胡坐ならまだ良かったが、ベンチに腰掛ける格好だったのでツェルトの丈が足りず、靴が吹きさらされた。ツェルトの裾があおられて冷気と一気に入れ替わる。レスキューシートを巻くが、靴が外なので煙突になって足の間から吹き込んでくる。交代でストーブを小さく焚いて持ち、気温の低下を防ぐ。少し暖かくなると途端に睡魔に襲われる。コンロが傾き手袋、ツェルト、レスキューシートに穴を開ける。外の靴の中では絶えず指を動かして凍傷を予防する。 唯一のイベントはテルモスのお湯を2時間に一回、キャップ一杯ずつすする事だった。長いかと思われた夜が意外と早く明けた。過ぎてしまえばこれも楽しい思い出になる。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

みもざ

お疲れ様と言うか、すごいです。天気がよかったので、冷え込みがきつかったのでしょうか。ご無事で下山何よりです。
by みもざ (2013-12-05 00:59) 

k_yoichi

レスキューシートが思ったより暖かいことが分かりました。靴用ほっかいろなども使えるかと思いましたが、スパッツ外してアイゼン脱いで、靴脱いでという行動が容易ではないこともわかりました。色々収穫ありです。
by k_yoichi (2013-12-05 07:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0