So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

尾瀬 白尾山と皿伏山 八木沢道 [那須・尾瀬・日光]

2019年8月21日 曇り⇒雨
富士見峠から尾瀬沼に抜け、見晴らしを経由して八木沢道を通って周回した。30kmのロングルート

富士見下から富士見峠までは広い砂利道(トイレや電波塔管理に車が入っている)
001P8215692富士見小屋前のトイレ.JPG

朽ちかけた富士見峠小屋の前を通って電波塔まで林道が続く。電波塔横が白尾山入口
002P8215697白尾山入口.JPG

藪っぽい。靴も体も梅雨でぬれる
003P8215700藪もある.JPG

白尾山手前で展望が開ける。 四朗岳と唐沢山?
004IMG_7619四朗岳と唐沢山か.JPG

白尾山(振り返り)
005P8215705白尾山の標識振り返り南望.JPG

小沢のような道
006P8215706道が川のよう.JPG

いつの敷設か苔むしている 滑る
007P8215713苔むした木道が時々ある.JPG

登り返しがきつかった皿伏山の標識と朽ちたベンチ
008P8215717皿伏山の標識尾瀬沼方向.JPG

尾瀬沼南岸道から白砂湿原に出た。ここでは晴れ間も
009IMG_7639尾瀬らしい景色の白砂湿原にて.JPG

見晴からちょっと尾瀬ヶ原に出て振り返るが、燧岳は雲の中
010IMG_7647燧は雲の中.JPG

至仏山
011IMG_7655見晴から至仏.JPG

見晴のテント場の先が八木沢道の入口 他の標識と異なりごく地味
012P8215753控えめな八木沢道標識.JPG

登山道はぬかるみも少なく歩きやすい
013P8215756良い道.JPG

12曲がりから上がちょっと辛い
014P8215765ここから12曲がり.JPG

朝通過した富士見小屋から電波塔への道の途中に出た。小屋まで2分
015P8215766やっと富士見峠に.JPG

ルートログ
皿伏山ログ.jpg

コースタイム
富士見下(05:10)-富士見小屋(06:30)-富士見峠(06:40)-白尾山(07:15)-皿伏山(08:10)-大清水平(08:50)-皿伏山分岐(09:00)-白砂峠(09:55)-燧ヶ岳分岐(10:30)-見晴(下田代十字路)(10:40)-八木沢橋(11:20)-富士見峠(12:35)-富士見小屋(12:38)-富士見下(13:50)

皿伏山ルート
富士見峠から尾瀬沼に通じる道を歩いた。深い針葉樹林帯の途中に白尾山と皿伏山がある。山頂は目立ったピークがなく、藪に覆われた尾根の通過点のような場所で眺めも悪い。尾根からも眺望は利かず、道はこのところの雨のためか水路のようになったところやぬかるみが多く、部分的に敷かれた木道は古く朽ちかけ、木の根も多く、日が届かないためか濡れて滑る。踏み跡は明瞭で、赤布も要所にあり、分岐もないので迷う心配はないが、下草や笹が茂ってる場所が多く、かき分けて進むので朝は濡れる。唯一の癒しは数か所ある小さな田代と白尾山前後に数か所の南側が開けた場所からの眺め。一言で言えば地味な道であり、いずれは廃道になる運命かもしれない。その割に赤布が多く認められる所から、静かな一点でファンがいるのだろうか。

八木沢道
昔は見晴らしへの物資輸送路というだけあって、緩やかな道が広葉樹林帯につけられていて、木漏れ日が気持ちよい。わずかにぬかるんだところはあるものの、歩きやすい道だ。登りに使うと、十二曲がりの先の峠までのトラバース道の微妙な起伏がつらかった。

富士見峠
地図で見ると富士見峠は尾瀬のかなめに見える。ここからは尾瀬ヶ原の西の端、中央、東の端への道があり、尾瀬沼にも直接行ける。鳩待峠や大清水のように整備して、シャトルバスを富士見峠まで運行したら、もっと利用者が増えると思うが、尾瀬の山小屋に影響が出るのかもしれない。

お気に入り
IMG_7643.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

イノシシとツユムシ [日和田山]

2019年8月18日 晴れ
首の痛みが取れて快調になったので、山行後ぶり返さないことを確認に沢を計画するも1枚の売り出しチラシに阻まれる。仕方なしに日和田山から物見山を往復

高指山への林道にイノシシの新しい足跡。黒滝下で遭遇したあいつか?
IMG_7613.JPG

キンミズヒキ
IMG_7615キンミズヒキにアシグロツユムシ1.jpg

アシグロツユムシ
IMG_7615アシグロツユムシ.jpg

オトコエシ
IMG_7616オトコエシ.JPG

夏も終盤、季節は順調に秋に向かっている。日和田の森ではヒグラシよりもツクツク法師が優勢になった。赤くない赤とんぼも飛びだした。キンミズヒキはこの3週間に何度か撮影したがコンパクトデジカメではうまくピントが合わなかった。今回は一眼持参で明るくなる時間帯に訪問したが盛りは過ぎた。ツユムシは写真を見てから気が付いたがこれは夏に登場する虫。
nice!(1)  コメント(0) 

高麗川巾着田の河原 台風10号の影響 [日和田山]

2019年8月16日 雨/曇り
台風10号によって昨日は豪雨と晴れが入り乱れたおかしな天気だったが、流域全体の雨量はそれほどでもなく、高麗川の増水はわずかなため、川遊びにはほとんど支障がなさそうだ。

巾着田の河原、テント数張りと炊事の火が日和田山の二の鳥居から確認できる。(直火禁止のため「焚き火台」使用と思われる)
P8165681.JPG

日和田山の手水鉢は水でいっぱいに
P8165680.JPG

麓の登山道に最近シュートカットができていたが、雨水で彫り込まれてしまっていた。
P8165683.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

手水鉢を汚さないで [日和田山]

2019年8月14日 雨・晴れ
台風10号の接近で目まぐるしく天気が変わるが、首の調子が良いので出かけてみたら、案の定雨に降られた。ずぶぬれになっても夏の雨は気持ちが良い。めったに見られない景色にも出遭える。
P8145671.JPG

石が詰まった手水鉢、全部出して手水鉢の脇の雨溝でえぐれた部分に積んでおいた。
P8145673.JPG
二の鳥居脇にある小さな石の桶のようなものがあり、そこに小石が一杯詰められていた。この石の桶は神社の入口にある手水舎(竜の蛇口から水がしたたり落ちていて、柄杓が置いてあり、お参り前に身を清めるためのもの)にある石桶の部分すなわち手水鉢(チョウズバチ)なのだ。水がないこの場所では天水が溜まらないと手水としては役に立たないし、長い間溜まったままだと水質が悪くなるのであまり役に立ってはいないが、手水鉢に変わりはなく小石を入れて汚して良いものではない。こんなにたくさん入っているという事は、大勢の方々が記念に入れていったものかもしれないが、たいへん罰当たりである。止めていただきたい。その石を利用して手水鉢の土台が雨で流されないように積んだので、小石を集める手間が省けて役立ったことになる。それで罰も帳消しに。二拝二拍手一拝。

首が痛い。もう2か月になる。良くなった時を見計らって山に行っては悪くする繰り返しで、日和田山詣でもこのところできていない。早く良くならないかなあ。今年は4月から何かと不調が続き、計画した山行の実施率が悪い。
nice!(1)  コメント(0) 

剱岳源次郎尾根と立山三山 [飛騨山脈周辺(北ア)]

剣沢小屋テント場に二泊して源次郎尾根と立山に行ってきた。

1日目:室堂から剣沢小屋
室堂平、お花畑の向こうに一ノ越の稜線と別山
IMG_7557.JPG

みくりが池と立山の峰
IMG_7560.JPG

雷鳥沢キャンプ場
IMG_7564.JPG

トウヤクリンドウ
IMG_7569.JPG

2日目:源次郎尾根
今朝3時までの豪雨が嘘のよう
IMG_7574.JPG

剣沢を下る
P8035629.JPG

2つの岩場を超えて木くぐり
P8035637.JPG

岩稜にでる(トップ)
P8035638.JPG

見下ろせば雪渓が遠くなった(タフな奈良の新メンバーさん)
P8035639.JPG

岩が乾いてフリクションが心地よい
P8035641.JPG

Ⅱ峰の懸垂
P8035645.JPG

ガレ場を制し45年ぶりの剣頂上、しかも眺望は初めて
P8035654.JPG

剱山荘付近のチングルマの花は盛り、やっと戻ってきた。
P8035666.JPG

3日目:立山を超え室堂に下山
剣沢小屋のキャンプ場(中央台地上)
IMG_7586.JPG

別山から立山の稜線
IMG_7594.JPG

源次郎尾根見納め
IMG_7595.JPG

真砂岳は稜線の一部のよう
IMG_7597.JPG

稜線には好きなイワキキョウがたくさん咲いている
IMG_7602.JPG

室堂平一望
IMG_7603.JPG

休憩所と大汝山の山頂(岩の頂点に立ちたい方々が大行列)
IMG_7605.JPG

立山山頂の立山神社には宮司が詰めていた
IMG_7607.JPG


ログとコースタイム
源次郎ログ.jpg

2019年8月2日晴れ、夜雷雨
室堂ターミナル(10:00)―別山乗越(13:50)-剣沢キャンプ場(15:00)
2019年8月3日晴れ
剣沢キャンプ場(5:10)-源次郎尾根取り付き(6:30/7:10)-Ⅰ峰(10:50)-Ⅱ峰(11:30)-剱岳山頂(13:10/13:50)-剣沢キャンプ場(16:50)
2019年8月4日晴れ
剣沢キャンプ場(6:00)-別山(7:50)-真砂岳(8:40)-大汝山(10:00/10:20)-雄山(10:40/11:00)一ノ越(11:30)―室堂ターミナル(12:10)

1日目
扇沢着7:30で無料駐車場は満車、有料の第三駐車場(24時間1000円)も残り10台ほど。
切符売り場や乗り場は混雑なし。8:30の電気バス(今年から扇沢側のトロリーバスは廃止)に乗車し、順調に乗り継いで9:55に室堂平に到着。
新室堂乗越経由で別山乗越を超えるとすぐにそびえたつ剣とその懐に緩く弧を描き切れ落ちてゆく雄大な谷のパノラマが広がった。少し下ると間近に目指す剣沢キャンプ場のテント村が近いことに安心。テント場は広いと聞いたが涸沢ほどではなく、わずかに空いている場所は傾斜地などあまり快適ではなさそうな場所だった。さらに外国語がうるさくなさそうな場所を選んでテントを張る。テント場には管理棟があり受付をしてくれる。トイレと水場の説明を聞き、1人1泊500円、計2千円の幕営料金を支払う。キャンプ場の水は豊富だが、飲料には煮沸してくださいとの事。剣沢小屋へはさらに10分位の下りがあり、疲れた身には登り返しがきついが、ビールと飲料水を求めて往復した。その晩は暗くなるころからぽつぽつと雨粒が落ちだし、夜間はひどい雨になった。テントを撤収したときにわかったことだが、グランドシートとテント本体の床シート間に砂がたくさん詰まっており、水が流れたことが分かるが、テント内に水の侵入はなく快適だった。テントは新調のモンベルステラリッジ4型。

2日目
雷雨は昨晩から強弱を繰り返し降り続き、起床予定の3時を過ぎても止む気配がなかった。諦めかけてうとうとし4時に目を覚ますと雨音はなく、外を見れば良い天気になりそうな気配。急いで支度をして出発する。眼下に遠く雪渓を下る登山者がすでに数パーティー。かなり下って、夏道から雪渓に下りるとすぐに平蔵谷の大岩が見える。源次郎尾根はその岩の対岸だ。私たちを含め3パーティー、男1・女2の3人組がまず取り付き、次に我々、後から男3人組の順で急な草付を登る。すぐに最初の関門の岩に先行パーティーがザイルを出しているので待機。2m位の高さの岩のV溝状を登るが濡れて水がしたたり落ちていて、ホールドスタンスが遠く滑って苦労していた。結局トップが空身で登り、ザックを回収しながらかなり時間をかけて越えていった。次は我々の番だが時間がかかりそうなので、手慣れて早そうな男3人組に先を譲る。数メートルのダイニーマの平紐をロープ代わりに使い、カムを駆使して手慣れた動作で越えていった。装備貧弱な我々はショルダーで越えて、お助け縄で引っ張り上げてもらう作戦で何とか超える。松などの太い枝をくぐり、草付の急な踏み跡をあえぎながら登ると第二の岩場。男女混合パーティーの3人目が格闘中。男3人組が追い越していったようだ。しばしの待機でわがトップが取り付くが良いスタンス・ホールドなく、やむなく中央に打ってある高いハーケンに背伸びしてヌンチャクをかけ、A0で乗り越した。セカンドの私はちょっと遊んで登ってみたが足が滑ってテンション・・かと思ったが、ビレイのトラブルで3mほど落ち、取り付きより下がった左のチムニー内に落下。奈落の底の淵で引っかかる。這い上がってみると後続がいて、お恥ずかしいところを目撃されてしまった。照れ隠しに後続パーティーを確認すると、すぐ後ろに単独者、その後ろが老齢の方と若い女の人のパーティーで、老齢の方がおっしゃるには「こんな岩場があったかな、昔何度もこの尾根を上ったり下ったりしたが覚えがない」とのこと(このパーティーは私の墜落をみて引き返したらしいと単独の方から後で聞いた)。草付の踏み跡を辿り、容易ではあるが急な岩場を過ぎて、ルンゼルートの上に出る。さらに草のまばらな広いフェース状でルートを探し、左の笹際、凹角とすぎる。このフェースのルートファインディングで先行パーティーが行き詰まっている間に、一足先に見晴らしの良い稜に出る。もうすっかり乾いてフリクションに不安がなくなり快適。小ピークを超えるとⅠ峰到着。大きく下って登り返しいくつかの小ピークから岩稜に抜け、Ⅱ峰を超えて平坦な岩稜を少し進むと懸垂支点に到着。先頭パーティーがちょうどロープを回収にかかった時だった。下から立ち去るのを待って60mロープを下ろし、順に懸垂に入る。ロープの余りからすると28m位か。下部3m位が斜めの岩棚になっていてクライムダウンが可能とおもわれる。懸垂途中にハーケンが何本か見受けられた。その後はガレ場の踏み跡を辿り苦しい登り。一部這松帯に踏み跡が消えているかのような部分があるが、行ってみれば這松に隠れた細い踏み跡が続いている。Z上のガラ場を過ぎ、門のようなコルを目指せば、すぐ先が剣岳の頂上だった。45年前に早月尾根から登った時以来、頂からの眺望は今回が初だが、水蒸気が多いぼやけた景色にさしたる感慨はわかなかった。それでも初めて眺める黒部側からの唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳が新鮮だった。記念撮影後長い下りを何とかこなし、ヘロヘロになって剱山荘にたどり着く。落ちた岩場から、後続の単独行者(奈良の方)と歩調が合い行動を共にした即席3人パーティーを解散し、奈良の方とお別れした。奈良の方は昨日私たちより1時間早く室堂に入り、平蔵谷から剣本峰を往復し、今日源次郎尾根に取り付いたのだそうだ。心身ともタフだ。短時間でそんなにお話はできなかったが、ルートファインディングであれこれと意見しあいながらの楽しい登攀だった。小屋に入る彼を見送りしばし休憩する。ここから天場は見えているが、乾ききったのどに水とコーラを流しこむ。人心地が着いてから、ほぼ水平道を通り剣沢小屋に寄り、飲料水と缶ビールを購入してテントに戻った。なお、剱山荘には生ビールがあったが、疲れすぎていて、動けなくなることを警戒し、ぐっと我慢した。

3日目
昨晩は星空で雨もなかったので、早いパーティーは2時ごろからバーナーを焚いていた。暑いのはこりごりだったので3時に起きて早出を予定した。剣方向を見上げればすでに前剣付近までヘッドランプの帯ができていた。食事を作り、体力回復のためがっちり食べたら出発が遅れ、当初の予定通り6時になってしまった。別山目指しての一登りは、上に行くほど急になり足の疲労感がピークに差し掛かる。幸い稜上に出ると風が吹いていて心地よく、オーバーヒートすることなく徐々にペースを取り戻し南峰に着く。空身で高い方の北方にも寄るつもりだったが、体力と時間を考えて割愛した。この判断が下山時間を大きく有利にしたことを後で知る。真砂岳のアップダウンをこなし富士の折立は混んだピークに行かずに通過、大汝の休憩所で大休止し空身でピークに登ると一番高い岩の、人が一人立てる場所に行列ができていた。横を過ぎようとすると「並んでます」とのご注意が飛ぶが、もともと興味はないので無視して列を割って休憩所に戻る。ここから雄山はすぐだった。小屋の前が小学生でごった返してはいたが、雄山神社にお参りへ。500円で木戸をくぐり祠前に行くとなんと小さな祠に神主様が鎮座しており、前に詰めて座るよう促され、太鼓の音に続き祝詞が唱えられ、大麻(おおぬさ)でバサッ・バサッとお祓いを受け、立山の由来をお聞きして、皆で参拝し、お神酒をいただく。3003mでのお祓いは大変ありがたかった。今まさに出発しようとしている小学生の隙間をすりぬけて下り始めると、すでに20人ほどの小学生の列がつながっていたので、ゆっくり我慢の下山となる。幸い人気の雄山だけあって、登りと下りが分かれていてすれ違いはない。小学生が小休止の間に前に出て、やっぱりごった返す一ノ越。ここから先はコンクリートで固められた広く緩い下りの道が、途中2か所の雪渓を横切って室堂駅まで続いている。立山三山を縦走したわけだが、本当に一番高い場所まで登ったのはお祓いを受けた雄山のみという結果だった。


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -